8- 高森研究室

本研究室は、TSL会員高森光季氏のエッセイなどを掲載するスペースです。
・救いとは何か(2006/05/12up)

・霊的進化論のためのメモ(2006/05/17up)

・「私」という謎(2006/06/01up)

・スピリチュアリズムの自己限定(2006/07/06up)

・現代の知の風景と霊学(2006/07/19up)

・霊的探究におけるスピリチュアリズムの位置(2008/01/31up)

・スピリチュアリズムの人間論(2008/12/29 up)

・マイヤーズ・マトリックス――六つの人間的価値(2010/01/20 up)

・ブッダは霊魂を否定したのか――近代仏教学の偏向(2010/03/11 up)

・どんな人生にも意味がある――霊学の視点から(2012/03/26 up)

・宗教と内的体験(2012/04/03 up)

【著者紹介】 高森光季(たかもり こうき) 1955年生まれ。宗教人類学、民俗学、超心理学などを経て、スピリチュアリズム研究に入る。現在、編集者・ライター(フリーランス)。