【翻訳】ジェラルディーン・カミンズ『不滅への道』(マイヤーズ通信)

不滅への道
(F・W・H・マイヤーズによる霊界通信)

G・カミンズ筆記/梅原伸太郎訳

掲載日:2010年11月18日

*本文書は、Geraldine Cummins, THE ROAD TO IMMORTALITY, Psychic Press, 1st pub. in 1932, 4th ed. 1967 の翻訳である。1985年に国書刊行会「世界心霊宝典」第二巻として刊行されたが絶版となり、2000年に若干の改訂を経て春秋社から再刊、現在は再び絶版となっている。
同書は、やはりG・カミンズの筆記になる『人間個性を超えて』(Geraldine Cummins, BEYOND HUMAN PERSONALITY, Psychic Press, 1935)とともに、霊となったF・W・H・マイヤーズ(Frederick William Henry Myers 1843-1901)が通信してきたものとされ、「マイヤーズ通信」としてスピリチュアリズム文献の中でも最重要のものの一つとされている。
本翻訳文書の著作権は、梅原伸太郎氏の遺族に帰するものであり、引用に際しては訳者名を明記していただきたい。

不滅への道・目次(閲覧するにはリンクをクリックしてください)

【序文類】
原書扉・凡例
ジェラルディーン・カミンズによる第四版への序文
オリヴァー・ロッジによる序文
E・B・ギブズによる序文

【第一部 死後の生活】
マイヤーズのはしがき
第一章 生存の目的
第二章 魂の旅程表
第三章 幻想界
第四章 意識
第五章 色彩界
第六章 類魂
第七章 火焔界
第八章 白光の世界
第九章 彼岸ないし無窮
第十章 宇宙
第十一章 形相の世界から
第十二章 死とは何か
第十三章 心霊の進化

【第二部 人間の諸能力その他についての教え】
第十四章 自由意志
第十五章 記憶
第十六章 大記憶
第十七章 注意
第十八章 閾下自我
第十九章 睡眠
第二十章 テレパシー
第二十一章 二つの世界の想念交流
第二十二章 幸福とは
第二十三章 神は愛よりも偉大

【付録】
交差通信の記録(E・B・ギブズ)
要約(E・B・ギブズ)
補遺
1 『クレオパの書』について
2 霊光
3 「他界」からの通信
4 地上生活の記憶を通信する困難
5 動物の死後存続

訳者解説(2000年春秋社版)
人名・団体名解説
Copyright (c) 2000 UMEHARA Shintaro

広告